ジャズと紅葉。








Paul Chambers - You'd Be So Nice To Come Home To


                 Bass on Top (1957)

                 Paul Chambers - bass
                 Hank Jones - piano
                 Kenny Burrell - guitar
                 Art Taylor - drums












最近は、何かをやる事がめんどくさくなった。

11_1186.jpg







11_1187.jpg







11_1188.jpg









コメント

非公開コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おきてがみ


ランキング

▼ 応援よろしくお願い致します。▼
    

    blogramのブログランキング

グーバーウォーク

amazon

楽天

ご来場有難う御座います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR