FC2ブログ

趣味の音楽と写真

ジャズを中心にアップしています。あと、拙い花などの写真です。

Easy

Grant Green – Easy (Full Album) 1978


                              Tracklist:
                              A1 Easy (Lionel Ritchie)
                              A2 Just the Way You Are (Billy Joel) 7:58
                              A3 Wave (Antônio Carlos Jobim) 15:10
                              B1 Empanada (Dunlap, Sprouse) 21:18
                              B2 Nighttime in the Switching Yard (Calderón, Lindell) 33:37
                              B3 Three Times a Lady (Richie) 38:49

                              Grant Green (g)
                              Mario E. Sprouse (arr, con, e-p)
                              Jon Faddis, Lew Soloff (tp, flugelhorn)
                              Janice Robinson, Kiane Zawadi (tb)
                              Karen Joseph (piccolo, fl, afl)
                              Hank Crawford (as, bar)
                              Jorge Dalto (p, e-p)
                              Wayne Morrison (g)
                              Buster Williams (b)
                              Dough Wilson (dr)
                              Shanimba (perc)
                              Mark Human (cello)
                              Anahid Ajemian, Matthew Raimondi, Paul Greshman, W. Sanford Allen (vl)

⇩ セ ン リ ョ ウ & マ ン リ ョ ウ ⇩
012_2259.jpg



012_2260.jpg



012_2268.jpg



2019年 令和元年 亥年。 この一年間、こんなブログにお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
皆様の「くる年」が良き年になりますようにご祈念致します。来年もよろしくお願い申し上げます。    

joya.jpg   aisatu.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/31(火) 19:30:32|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

Born To Be Blue

Grant Green - Born To Be Blue (Full Album)


【 OLD WAVE 「今朝は金縛り!」  Born To Be Blue / Grant Green (Blue Note) 】

                              Grant Green - Born To Be Blue (Full Album)
                             ---------------------------------
                              1 | 00:00 | Grant Green - Born To Be Blue
                              2 | 04:53 | Grant Green - So What
                              3 | 14:40 | Grant Green - Mama Inez
                              4 | 21:18 | Grant Green - A Wee Bit O'Green
                              5 | 29:05 | Grant Green - My One And Only Love
                              6 | 34:52 | Grant Green - Exodus
                              7 | 41:51 | Grant Green - Grant's Dimensions
                              8 | 49:45 | Grant Green - Blues In Maude's Flat
                              9 | 1:04:44 | Grant Green - Back In Your Own Backyard
                              10 | 1:12:45 | Grant Green - Outer Space
                             ---------------------------------
                              Grant Green – guitar
                              Ike Quebec – tenor saxophone
                              Sonny Clark – piano
                              Sam Jones – bass
                              Louis Hayes – drums

⇩ 冬  の  ミ  ニ  薔  薇 ⑵ ⇩
012_2254.jpg



012_2256.jpg



012_2257.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/30(月) 19:10:05|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

Iron City!

Grant Green – Iron City!


【 ジャズ・レコードの旅へ~今日聴いたレコードを綴るレビュー日記  Grant Green/Iron City (Muse) 】

                            Grant Green – Iron City!
                            Cobblestone

                            00:00 A1 Iron City (Grant Green)
                            05:04 A2 Samba De Orfeu (Luis Bonfà, Antonio Maria, Andre Michel Salvet)
                            12:13 A3 Old Man Moses (Trad.)
                            19:12 B1 Put On Your High Heels Sneaker (Robert Higginbotham)
                            25:17 B2 Sometimes I Feel Like A Motherless Child (Trad.)
                            33:20 B3 Work Song (Nat Adderley)

                            Drums – Ben Dixon
                            Guitar – Grant Green
                            Organ – Big John Patton

                            Recorded in Pittsburgh, PA in 1965


♪ もう 幾つ寝るとお正月 ♪ 年末ですねえ! 今日は二重苦と言うことで何もしません。ハイ何か?



⇩ 冬   の   ミ   ニ   薔   薇 ⇩
012_2252.jpg



012_2249.jpg



012_2248.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/29(日) 19:31:11|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

ALIVE!

Grant Green_ALIVE! (Album) 1970


                                00:00 01-Let The Music Take Your Mind
                                08:36 02-Time To Remember
                                19:50 03-Sookie, Sookie
                                30:58 04-Down Here On The Ground


グラントグリーンプロファイル:アメリカンジャズギタリストおよび作曲家。グラント・グリーンは1931年6月6日にセントルイスで生まれ、ギターを弾く父親から小学校で楽器を学び、13歳までにゴスペルグループでプロとして演奏していました。彼は自分の故郷とイリノイ州イーストセントルイスでギグをこなし、1960年にルー・ドナルドソンの提案でニューヨークに移りました。グリーンは、ダウンビートのインタビューでダンモーゲンスターンに語りました。「最初に演奏することを学んだのはブギウギでした。それから、たくさんのロックンロールをしなければなりませんでした。それはすべてブルースです。」R&Bでの彼の広範な基盤は、技術的な専門知識よりも表現力を優先するビバップとシンプルさの習得と組み合わされています。グリーンは素晴らしいブルースインタープリターであり、彼のその後の素材は主にブルースとR&Bでした。彼は素晴らしいバラードと標準ソリストでもありましたが。彼はチャーリー・パーカーを特に崇拝しており、彼のフレージングは​​しばしばそれを反映していました。グリーンは50年代にジミーフォレスト、ハリーエジソン、ルードナルドソンと共演しました。また、多くのオルガニストと協力しました。その中には、ジャックマクダフ兄弟、サムラザール、ベイビーフェイスウィレット、グロリアコールマン、ビッグジョンパットン、ラリーヤングなどがいます。60年代初頭、オルガン/ギター/ドラムのコンボで流れるような上品な演奏と、ブルーノートでの彼の他のデートの両方が、グリーンをスターとして確立しましたが、他のプレイヤーにとっては重要な尊敬を得ることはめったにありませんでした。彼は60年代半ばから少しの間シーンを離れていましたが、60年代後半と70年代に強く戻ってきました。グリーンはスタンリー・タレンタイン、デイブ・ベイリー、ユセフ・ラティーフ、ジョー・ヘンダーソン、ハンク・モブリー、ハービー・ハンコック、マッコイ・タイナー、エルビン・ジョーンズと共演しました。悲しいことに、薬物の問題が60年代に彼のキャリアを中断し、70年代後半に彼が苦しんだ病気に疑いなく貢献した。グリーンは1978年に入院し、1年後に亡くなりました。彼のキャリアの終わり近くで幾分不均一なLPにもかかわらず、彼の作品の素晴らしいボディは素晴らしいソウルジャズ、ビバップ、ブルースを表しています。グラント・グリーンは生涯に過小評価されていたプレーヤーであり、ジャズギターの名も知らぬヒーローの一人です。スタンリー・タレンタインのように、彼は本から除外される傾向があります。グリーンはチャーリー・クリスチャンとジミー・ラニーに影響を与えたと述べていますが、グリーンは常に他のギター奏者ではなくホーン奏者(チャーリー・パーカーとマイルス・デイビス)に耳を傾けていると主張しています。この種の単音の直線性を持っているプレーヤーは他にいません(和音演奏を避けています)。グリーンのプレーには知的要素がほとんどありませんが、そして彼のテクニックは常に彼の音楽に役立っています。そして、グリーンは独特でシンプルな音楽です。グリーンの演奏はすぐに認識できます。おそらく他のギタリストよりも多いでしょう。グリーンは、冷静な側に曲がったジャズマニアによってほとんど体系的に無視されており、彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。そして、グリーンは独特でシンプルな音楽です。グリーンの演奏はすぐに認識できます。おそらく他のギタリストよりも多いでしょう。グリーンは、冷静な側に曲がったジャズマニアによってほとんど体系的に無視されており、彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。そして、グリーンは独特でシンプルな音楽です。グリーンの演奏はすぐに認識できます。おそらく他のギタリストよりも多いでしょう。グリーンは、冷静な側に曲がったジャズマニアによってほとんど体系的に無視されており、彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。演奏はすぐに認識できます。おそらく他のどのギタリストよりも優れています。グリーンは、冷静な側に曲がったジャズマニアによってほとんど体系的に無視されており、彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。演奏はすぐに認識できます。おそらく他のどのギタリストよりも優れています。グリーンは、冷静な側に曲がったジャズマニアによってほとんど体系的に無視されており、彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。そして彼は彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。そして彼は彼の信じられないほどの音楽性で高く評価され始めたばかりです。恐らく、Grant Greenの輝きでスタンダードやバラードを扱ったギタリストはいないでしょう。国内最高のジャズ再発行レーベルであるMosaicは、Sonyny Clarkと共に素晴らしいコレクションThe Complete Blue Note Recordingsを発行しました。グリーンの作品の最も素晴らしい例のいくつかはそこにあります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。そこに作品があります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。そこに作品があります。(出典:bluenote.com、Michael ErlewineおよびRon Wynn)。



⇩ ベ   ゴ   ニ   ア ⇩
012_2244.jpg


花言葉は「幸福な日々」 9月28日の誕生花 秋海棠科 

012_2245.jpg


長い間、咲き続ける。 いろいろ種類がある。 ブラジル原産。

012_2247.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/28(土) 19:30:06|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

Grant's First Stand

Grant Green - Grant's First Stand [Full Album]


【 ”SOLO FLIGHT”  『Grant's First Stand』 Grant Green 】

                              Recorded January 28, 1961
                            -----------------------------------------------------------------
                              -Personnel:
                              Guitar - Grant Green
                              Organ - 'Baby Face' Willette
                              Drums - Ben Dixon
                            -----------------------------------------------------------------
                              -Tracklist:
                              1) Miss Ann's Tempo - 0:00
                              2) Lullaby Of The Leaves - 5:40
                              3) Blues For Willarene - 13:22
                              4) Baby's Minor Lope - 20:31
                              5) Ain't Nobody's Business If I Do - 27:49
                              6) A Wee Bit O' Green - 32:16


⇩ シ  ク  ラ  メ  ン ( 白 ) ⇩
012_2241.jpg



012_2242.jpg



012_2243.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/27(金) 19:30:09|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

Green Blues

Grant Green - Green Blues (Full Album)


                              Vinyl Rip From The Original LP (1960/1971)

                              1.One For Elena [0:00]
                              2.Our Miss Brooks [6:12]
                              3.A Flick Of A Trick [13:06]
                              4.Falling In Love With Love [21:00]
                              5.Baby You Should Know It [26:25]
                              6.Reaching Out [35:48]

                              GRANT GREEN : guitar
                              FRANK HAYNES : tenor sax
                              BILLY GARDNER : piano
                              BEN TUCKER : bass
                              DAVE BAILEY : drums


【 グラント・グリーン GREEN BLUES  ”安曇野ジャズファンの雑記帳” 】



⇩ 篝  火  花  ・  シ  ク  ラ  メ  ン ⇩
012_2395.jpg



012_2398.jpg



012_2399.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/26(木) 19:30:38|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

Street Of Dreams

Grant Green ‎– Street Of Dreams (1967/2013)


                                Tracklist
                                1 I Wish You Love 0:00
                                2 Lazy Afternoon 8:44
                                3 Street Of Dreams 16:30
                                4 Somewhere In The Night 25:32

                                Drums – Elvin Jones
                                Guitar – Grant Green
                                Mastered By – Bernie Grundman
                                Organ [Hammond B3] – Larry Young
                                Recorded By – Rudy Van Gelder
                                Vibraphone [Vibes] – Bobby Hutcherson

                                Recorded on November 16, 1964.

【 GRANT GREEN (グラント・グリーン) STREET OF DREAMS (Blue Note 1964年録音) 】

【 Grant Green/Street of Dreams 《 三度の飯ぐらい音楽とか好きなんすよ。》



《 職場の「ペッパーくん」が私にだけ懐かないんですが… 》

⇧ 年末の忙しいひと時、漫画でも見てリラックスされたい方はどうぞ。⇧ m9(゚д゚)っ 見ㇽナー!!  



⇩ ブ ル ー ベ リ ー の 紅 葉 ⑵ ⇩
012_2410.jpg



012_2413.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/25(水) 19:40:05|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

My Favorite Things

Grant Green - My Favorite Things


Album: Matador
Year: 1964
Label: Blue Note

Grant Green - guitar
McCoy Tyner - piano
Bob Cranshaw - bass
Elvin Jones - drums



⇩ ブ  ル  ー  ベ  リ  ー  の  紅  葉 ⑴ ⇩
012_2409.jpg



012_2411.jpg



012_2412.jpg



タイトルなし
21777070.gif

クリスマス・イヴ
クリスマス(キリスト降誕祭)の前夜。
eveは夜を意味する古語evenから来たもので「クリスマスの夜」の意味になる。
キリスト教会暦では日没が1日の始まりであり、クリスマスは24日の日没から 
25日の日没までとなるので、その間の夜である24日の夜のことをクリスマス・
イヴと呼ぶ。                              

【 クリスマス・イヴ、クリスマス・イブは、「クリスマス当日の夜」である。教会暦における12月25日の夜。】 ⇦ ウイキペディアへ。

オイラは信者でもないので、
こんなの関係ねえ、関係ねえ!



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/24(火) 19:20:11|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

The Main Attraction

Grant Green – The Main Attraction (Full Album) 1976


                            Kudu Records
                            Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ in March 1976
                            with additional recording at A&R Studios, NYC

                            Tracklist:
                            A1 The Main Attraction (Grolnick, Khan, Lee, Matthews, Newmark)
                            B1 Future Feature ((Matthews) 19:36
                            B2 Creature 27:23

                            Grant Green (g)
                            Hubert Laws (fl)
                            Dave Matthews (arr, con)
                            Burt Collins, Jon Faddis (tp)
                            Michael Brecker, Joe Farrell (ts)
                            Ronnie Cuber (bas)
                            Don Grolnick (e-p, clavinet)
                            Steve Khan (g)
                            Will Lee (b)
                            Andy Newmark (dr)
                            Carlos Charles (perc)
                            Sue Evans (perc)

【 『The Main Attraction』 Grant Green with Hubert Laws 】



昨夜はスケートを見ていて、続いて放映されたミヤネと太田の馬鹿気たカラミまで見てしまった。!
全く腹は立つけど笑えるような行為ではない。放送局もよくこんな場面を流せるなあと思った。  


⇩ ミ   ニ   バ   ラ ⇩
今は気温が低いので咲いた花もとても長持ちします。

012_2393.jpg



012_2402.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/23(月) 19:30:04|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0

Creature

Grant Green and Hubert Laws - Crea


Creature, by Grant Green and Hubert Laws from the album "The Main Attraction"

【 ヒューバート・ロウズは、アフリカ系アメリカ人のフルーティスト。テキサス州ヒューストン生まれ。】 ウイキペディアへ。



いよいよ年末! ほとんどの方がこの週で「年末年始休暇」になるのではないでしょうか。(?_?)
どちら様も体調管理には気をつけて、楽しい年末休暇のお迎えを ・・・ (о* ^ิω^ิо)~♪  



⇩ セ   ン   リ   ョ   ウ ⇩
012_2405.jpg



012_2404.jpg


012_2403.jpg



ありがとうございました。m(__)m  ▲  ページ先頭へ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ      

  1. 2019/12/22(日) 19:20:07|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
次のページ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング

   
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
   

音楽(ジャズ)ランキング
   
   
   
   

里親募集

プロフィール

まこと

Author:まこと
FC2ブログへようこそ!
主に50~60年代のジャズを中心に更新しております。
好きな曲、好きなミュージシャンに当たったらごゆっくりお聴き下さい。

最新記事

有難う御座います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR